復縁の冷却期間中に、電話やメールがきたらどう対応すればいいのでしょう。

私のもとには、こういった質問がたくさん寄せられてきます。

冷却期間をせっかく取っているのに、一度接触してしまったら、

今までの努力が無駄になってしまう・・・。

 

そう心配されている人が多いんですよね。

でも、実はそうではないんです。

冷却期間は、お互い傷つけたってしまった傷を癒すために

必要です。

 

振った相手も傷ついているんです。

好きだったあなたを傷つけてしまった。

そういった気持ちがあり、自分も傷ついているんです。

 

だから、あなた=辛い思い出。

別れた初期の頃は、そういった感情が支配しているので、

接触をもってはいけないんです。

その為の冷却期間ですので、相手から連絡してきた場合は、

当然、対応してもいいことになっています。

 

冷却期間をとる意味がしっかり理解できていれば、

何も困ることはないのです。

 

ですから、メールも普通に返事すればいいだけですし、

電話でも、明るく、出ればいいだけです。

ですが、復縁アピールはやめましょう。

 

まだ、どんなつもりでメールや電話をしてきたかは分かりません。

ここは慎重に、慎重に対応しましょう。

復縁に関する不安や、心配ごとは相談してください。

復縁成功者ですので、なにかアドバイスができるかもしれません。

復縁マニュアルも多数レビューしていますので、

参考になると思います。

 

結構、暴露しちゃってますので・・・。

7step復縁の冷却期間ノウハウネタバレ暴露!!

 

 

 

原因が追求できたら

| コメント(0) | トラックバック(0)
原因が追求できたら、次は行動に移りましょう。
それは、半年間連絡を絶つということです。
 
半年間には理由があります。
それは、人間には忘却曲線というものが
存在します。
 
脳みそに覚えていられる期間のことです。
その期間が、半年を堺にグンッと覚えられる
量が減ってしまうのです。
 
しかし、復縁ではこの忘れてしまうが
プラスに働くのです。
 
大抵人が別れの場面では、相手にすがるものなのです。
 
「別れたくない。」とか、
「もう私、俺にはチャンスはないの?」とか、
「ずっと待ってるから・・・。」とか、
「嫌なところがあったら、直すから考え直して!!」とか、
 
そんな言葉を口にしてしまうケースは多いのです。
そういった行動が、自分を苦しめる結果につながるとは、
夢にも思わずに、なんとか別れないように
最大限の努力をしようと必死になるものです。
 
 
しかし、この行動は傷口をさらに深くする行為
そのものなのです。
 
相手は苦渋の思いで別れを切り出してます。
その決断に、あなたはすがる思いで抵抗しているのです。
次第に相手は、あなたを相手にすることに
疲れてきます。
 
 
そして、もう二度とあなたと会いたくない!!
そう心の底から思うようになるのです。
そこで、7stepの登場です。
 
 
そうです、その嫌な記憶が消えるのが、半年なのです。
この半年の期間の間で、あなたとの別れの嫌な記憶が
抹消され、楽しかった思い出だけが残るのです。
 
あなたも経験ないでしょうか?
受験生の頃、辛かったはずなのに今思うと
いい思い出になっていることに。
 
部活もそうです。
当時は走ってばっかで辛かったはずなのに、
今思うと、楽しかったかも?なんて思えてきます。
 
これが、記憶ってものなのです。
どんな嫌な別れ方をしても、これは絶対なのです。
だから、半年間じっくり待ちましょう。
 
それが一番効果的な行動なのです。
決して、電話やメールはしてはいけません。
一切の連絡は断ってください。
 
 
復縁したいのであれば頑張りましょう。

復縁に大事なこと

| コメント(0) | トラックバック(0)
そして最後によくある別れの原因ですが、
【素の自分をさらけ出せなかった】です。

これは自分に自身のない人に起こりがちです。
本当の自分を出してしまうと、相手に嫌われて
しまうのではないか?

そう思ってしまうあまりに、
素の自分を隠して付き合ってしまうのです。

そうすることで、相手は自分に不信感を感じます。
素を出していないのは、相手に見抜かれてしまうものです。
好きな人に、素の姿を見せないのは、相手からしてみれば、
信用されていないように感じます。

ありのままの自分の姿を見せてくれないのは、
心をさらけ出していない証拠です。

付き合い相手からしてみれば、
これほど悲しことはありません。


はじめのうちは、いいと思います。
気を遣ういい関係のように思えるからです。
しかし、月日が経つにつれてそれは、
不信感に変わっていくのです。

これも、仮に復縁を成功させても
再び別れがくる可能性が高い原因に一つです。

付き合いの先には結婚が待っています。
一生素の自分を隠して生きていく訳には
いきません。

素の自分を出して、仮に嫌われてしまうのであれば、
相手とも関係もそれまでです。

本当の自分を受け止めきれなかった相手が悪いのです。
仮にそれが原因に振られても、トラウマになってはいけません。
相手の度量がなかっただけです。

あなたは何も悪くはないのですから。
相手との付き合いの中で、
自分をさらけ出せていましたか?

よく考えて見ましょう。

よくある別れの理由

| コメント(0) | トラックバック(0)
次によくある別れの理由としては、
【相手のプライベートをすべて知ろうとした】です。

これまた付き合い当初は、相手の携帯なんて
見るはずもなく、相手を信じていたと思います。

しかし、月日の流れによって、あなたのタガが外れ
不安の気持ちに負けそうなときに、とうとう相手の携帯を
こっそり見てしまう・・・。

そんなことはなかったでしょうか?
それだけならいいのですが、その行為を
相手に知られてしまったことはないでしょうか?

携帯は見ていなくても、毎日の電話で、
今日は誰と会ってたのか?とか、
友達の中に、異性の友達はいたのか?とか、
本当に、友達と遊んでいたのか?とか、

いちいち相手の行動を把握していなくては
不安になっていなかったでしょうか?

相手に今、友達と遊んでるから・・・。
と電話を切られた経験はないでしょうか?

こういった行動をする人は、付き合っていた相手が
自分よりもカッコイイまたは、可愛いなど、
相手が自分よりもモテるといった気持ちが
ある人に多く当てはまります。


相手がモテるから浮気をするのではないか?
自分よりもカッコイイ、可愛い相手と
遊んでいるのではないか?

その人に大好きな彼、彼女を取られてしまうのではないか?
そんな不安な気持ちに襲われえてついつい電話で
しつこく聞いちゃっているのではないでしょうか?


憧れの○○さんとようやく付き合えた人は、
この理由をよ~く考えてください。

仮にもう一度付き合えたとしても、
同じことをしてしまう可能性がかなり高いもの
このケースです。


相手を信じることは大事なことですよ。
本当の理由を探る作業ですが、
直接本人に聞くわけにもいきません。


一番いいのは、
共通の友達に聞くのが一番の方法です。
飲み会などを開いて、それとなく聞くのが
一番です。

〇〇との別れの際に「〇〇」と言われたんだけど、
どうも腑に落ちなくてね~。

何か聞いてない?
とかなんとか言って何気なく聞き出すのです。
その際に、復縁したいことは絶対に言わないでください。

今、前を向いて歩きだしたところをアピールしましょう。
再出発にかけて、どうしても気になるので、
知りたいとか、次も同じ別れをしたくない、
とか言って、聞き出してください。

多分、本当の理由に驚くかもしれません。
先ほどの例のように、相手に他に好きな人が
できてしまったかもしれませんし、

甘えすぎて、相手を疲れさせてしまったのかもしれません。

ありのままの事実を把握するのです。
復縁したいのであれば、これは避けては通れない
道なのですから・・・。

頑張りましょう。

もし、あなたに共通の知人がいなかった場合は
どうしようもないのでしょうか?

そうではありません。
その場合は、自分の中に答えはあるのです。
じっくり考えてみましょう。

よくある別れの理由①
【相手にわがままを言いすぎた】

これは女性が男性に別れを告げられる代表格です。

付き合いだした当時は、遠慮もあったが、
いつの間にか、相手の様子もみることなく、
自分の話しばっかり、あれして、これして、
これは嫌、あれも嫌など、彼が自分のわがままを
聞いてくれるのが、愛情だと勘違いして、
何でもお願いしてばかりではなかったでしょうか?


彼が言うことを聞いてくれなかったら、
「好きじゃなくなたんだ・・・。」などと、
相手をせめてはいませんでしたか?

これでは相手が疲れてしまうのも無理はないです。
他の子に目がいっても仕方がないですね。
あなたはどうでしょうか?

復縁に必要な考え方

| コメント(0) | トラックバック(0)
復縁を成功させるには何が必要なのでしょうか?

まずは復縁の大前提をお話ししていきたいと思います。

復縁をするのに大事なこと、それは「相手のことを考えること」です。

言い方を変えるなら「自分だけの考えを押し付けないこと」です。


復縁相手にあなたはふられた立場かもしれませんし、逆に相手を

ふってしまって後悔しているかもしれません。

別れの際にもドロドロした別れ方かもしれませんし、

キレイな別れ方かもしれません。

別れ方なんて、人それぞれなんです。


しかし、大半の人は復縁をしたいがあまりに、

自分の感情を相手に押し付けてしまいます。

特にメールでは一方的にコミュニケーションが取れるので、

長々とした文章を送り付けてしまったりする傾向が強いのです。


でも考えてみてください。

例えば復縁を希望しているAさん(女)がBさん(男)に対して

メールを送ろうとしています。


今まで散々メールは送ってきました。

その都度Aさんはメールを無視されたり、たまに返って来たメールも

そっけなかったりと、リアクションはよくありません。


AさんはBさんのとの復縁したい気持ちを抑えきれずに

またメールを送るのです。

この時のBさんの気持ちはどうだと思いますか?

客観的にみてみれば、簡単ですよね。


一言でいえば、「ウザイ」です。また同じようなメールが送られてきた。

Bさんが暇だっり、気が向いたりした時はそっけないメールを返そうか?

くらいの気持ちで返したりしますが、そうでない時は無視するのです。


Bさんの気持ちをまったく無視したメールをAさんは送り続けても

それが自分の首を締める結果にしかならないのは、お分かりだと思います。

復縁を本気で望むのであれば、「相手のことを考え自分だけの考えを押しつけない」

この考えが非常に大事だと思います。