原因が追求できたら

| コメント(0) | トラックバック(0)
原因が追求できたら、次は行動に移りましょう。
それは、半年間連絡を絶つということです。
 
半年間には理由があります。
それは、人間には忘却曲線というものが
存在します。
 
脳みそに覚えていられる期間のことです。
その期間が、半年を堺にグンッと覚えられる
量が減ってしまうのです。
 
しかし、復縁ではこの忘れてしまうが
プラスに働くのです。
 
大抵人が別れの場面では、相手にすがるものなのです。
 
「別れたくない。」とか、
「もう私、俺にはチャンスはないの?」とか、
「ずっと待ってるから・・・。」とか、
「嫌なところがあったら、直すから考え直して!!」とか、
 
そんな言葉を口にしてしまうケースは多いのです。
そういった行動が、自分を苦しめる結果につながるとは、
夢にも思わずに、なんとか別れないように
最大限の努力をしようと必死になるものです。
 
 
しかし、この行動は傷口をさらに深くする行為
そのものなのです。
 
相手は苦渋の思いで別れを切り出してます。
その決断に、あなたはすがる思いで抵抗しているのです。
次第に相手は、あなたを相手にすることに
疲れてきます。
 
 
そして、もう二度とあなたと会いたくない!!
そう心の底から思うようになるのです。
そこで、7stepの登場です。
 
 
そうです、その嫌な記憶が消えるのが、半年なのです。
この半年の期間の間で、あなたとの別れの嫌な記憶が
抹消され、楽しかった思い出だけが残るのです。
 
あなたも経験ないでしょうか?
受験生の頃、辛かったはずなのに今思うと
いい思い出になっていることに。
 
部活もそうです。
当時は走ってばっかで辛かったはずなのに、
今思うと、楽しかったかも?なんて思えてきます。
 
これが、記憶ってものなのです。
どんな嫌な別れ方をしても、これは絶対なのです。
だから、半年間じっくり待ちましょう。
 
それが一番効果的な行動なのです。
決して、電話やメールはしてはいけません。
一切の連絡は断ってください。
 
 
復縁したいのであれば頑張りましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flagteam-max.net/mtos/mt-tb.cgi/15

コメントする

このブログ記事について

このページは、復縁ドッグが2012年4月 4日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「復縁に大事なこと」です。

次のブログ記事は「復縁の冷却期間中に電話やメールがきた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。